鍋料理:しゃぶしゃぶとすき焼き


しゃぶしゃぶ鍋

1800年代の終わりごろ、日本では肉を食べることが人気になりました。高級でモダンなタイプの料理と見なされていました。今日、有名な日本の「和牛」の肉は、世界で絶対的に最高の肉のいくつかと見なされています。この絶妙な大理石の口溶けの肉は、愛されている(特に冬の)鍋料理「しゃぶしゃぶ」や「すき焼き」など、さまざまな方法で楽しむことができます。

 

しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶスープに浸す霜降り肉

しゃぶしゃぶは、典型的には透明でほのかな風味のスープを備えた鍋の一種です。通常、野菜、豆腐、しらたきが含まれます。和牛(または豚肉)であるかどうかにかかわらず、肉は紙のように薄いスライスにカットされ、箸で持ちます。次に、肉を沸騰したスープに数秒間浸して(部分的に)調理します。その後、柑橘系の「ポン酢」ソースなど、選択した風味豊かなソースに浸してから食べます。しゃぶしゃぶは、ヨーロピアンスタイルのフォンデュを彷彿とさせます。

 

すき焼き

すき焼きと生卵

すき焼きはしゃぶしゃぶに似ており、鍋で調理され、豆腐や野菜などの材料を使用しています。ただし、主な違いは調理スタイルとスープです。スープは「割下」と呼ばれ、醤油、みりん、砂糖を混ぜたものです(日本酒とだしを加えることもできます)。料理は、関西エリアスタイルまたは関東エリアスタイルのスタイルによって異なります。関西風では、まず肉を部分的に調理し、割下をのせて調理を終え、最後に他の具材を加えます。関東風に煮込んだら、すべての具材を加えて煮込みます。どちらのすき焼きの肉のディップソースも、ソースではなく、牛肉本来の旨味とコクを高めると言われる生卵のたれです。最近では、すき焼きには鶏肉、魚、うどんなどの具材も含まれています。

あなたはどちらの鍋が好きですか?それとも他に好きな鍋がありますか?
 

Please wait…