軍艦島 - 📍端島、長崎



端島は軍艦島(ぐんかんじま)の通称で知られています。長崎市内から約20キロのところにある放棄された小さな島です。この島はかつて日本の急速な工業化の象徴で、世界クラスの海底炭鉱事業の一つと言われています。



1890年に三菱商事に買収されて以来、この島には高層鉄筋アパートが次々に建設され、学校、病院、レストラン、映画館まで揃いました。島の人口は最盛期の1959年頃には5,000人を超えました。しかしながら、1974年4月の閉山に伴って島民が島を離れてからは、無人島になってしまい、約30年間放棄されました。

2009年4月に再び島の魅力が脚光を浴び、人気のある観光地になりました。いくつかの会社が観光遊覧船を提供しており、軍艦島に上陸することができます。

2015年、国際記念物遺跡会議(イコモス)により、軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」がユネスコの世界文化遺産に登録されました。

軍艦島に歴史を学びに行ってみませんか? 日本の歴史に興味のある方にオススメです!

 

Please wait…