食べ物と旅行

七五三


着物姿の少女

日本では「七五三」というイベントの日に、子供たちは着物を着ます。

七五三は、7、5、3歳の子どもたちの安全な成長を祈願するイベントです。 「しちひごさん」という言葉は、7、5、3歳を祝うことから来ています。平安時代と鎌倉時代に皇居で行われた儀式に由来しています。

地元の神である氏神が着物を着て子供と一緒に祈る神社に行き、子供たちの成長に感謝し、将来の健康的な成長を祈るのが通例です。

着付け後

七五三の日は11月15日ですが、9月から12月にかけて行う人もいます。神社参拝のほか、写真館で記念写真を撮る人も多いです。

この時期にかわいい着物姿の子供を見かけたら、おめでとうございます!と声をかけてあげてください。

着物姿の少年
 

Please wait…