山菜、きのこ、海藻


山菜

山菜(文字通り「山菜」)は、日本にある野生の食用植物に付けられた名前です。それらは一般的に健康に良いと考えられており、特徴的として苦い味がする傾向があります。このため、山菜は「和食」での使用が人気です。それらの入手可能性は季節に大きく影響し、見つけられる限り採餌されますが、今日では多くの種類が農場でもうまく栽培されて手に入りやすくなっています。さまざまな種類のキノコや海藻も同様に当てはまります。

 

季節の採取

つくし

春には、次のような多くの「野菜」が収穫の準備ができています。

「つくし」:調理または加薬をかけ、おかずやご飯のトッピングとして使用

「ウド」(日本の山のアスパラガス):外観はホワイトアスパラガスにやや似ており、ソテー、漬物、マリネにすることがよくあります

「たけのこ」:よく炊き、ご飯と一緒に食べる

山菜のその他の人気のある調理方法には、味噌で漬けたりマリネしたり、天ぷらにする方法があります。

珍しい「松茸」はきのこの季節の中でも最も人気です。松茸はご飯と一緒に焼いたり蒸したりして食べられます。その他の人気のある種類には、えのき、えりんぎ、舞茸、有名な椎茸などがあります。

松茸ご飯
 

海藻

島国の日本では、海藻は長い間食生活の一部でした。これらの海で育った海藻はミネラルと繊維が豊富で、あらゆる種類の料理で頻繁に使用されています。お気に入りのいくつかは次のとおりです。

  • 「海苔」:寿司のラッピングや付け合わせに使用します
  • 「昆布」:最もよく使われるのは出汁として
  • 「わかめ」:味噌汁やサラダの具材、またはおかずとして

乾燥わかめ

山菜、きのこ、海藻は、季節性、豊かな風味、そして(想定される)健康上の利点から、日本料理での使用に非常に人気があります。厳密に菜食主義である「精進料理」でもよく使われます。海外の人の多くは、ある種の海藻やキノコを試したことがあるでしょうが、山菜は見つけるのが非常に困難です。だから、日本を訪れるときに是非試してみてください。そしてあなたのお気に入りを見つけてください♪
 

Please wait…