鹿児島の宝 -📍日本庭園仙巌園(鹿児島)



 

この街の最大の魅力は、錦江湾と桜島を望む広大な日本庭園「仙巌園」です。

この庭園は四季を通じて素晴らしく、全体を見学するには少なくとも半日必要です。


 

土産物店やその他の施設とともに、日本の歴史上最も重要なもののひとつである島津藩の最後の藩主の屋敷があります。そのため、島津は今日では会社として、世界で最も長く続いた藩のひとつです。他の企業とともに、庭園とこの施設のすべての建造物を管理しています。その中には貴重なクリスタルガラス「薩摩切子」の工場があり、ここを訪れるのは必見です。

ここでは、薩摩切子が最高のものになるまでの製造工程を見学することができます。薩摩切子は、かつてヨーロッパとの交易をもっていた島津藩によってはじめられました。貿易に使用するために非常に品質の良い製品を生産する必要があることを理解していた為高品質の製品が作り出されました。ここにはコロニアル様式の建物がいくつか残っており、歴史を伝えるため残っています。


 

日本の他の都市と同様、鹿児島も戦争で打撃を受け、この薩摩切子の工場も甚大な被害を受けた。工場とクリスタルガラス製造技術は失われてしまいました。

しかし、鹿児島市民は残った破片を頼りに再び生産を開始し、事業を復興させたのです。これはどんな災難をも克服する鹿児島の強さと価値を世界に示す、特筆すべき例です。

鹿児島には本当にたくさんの魅力があります。国際的な観光事情が回復した際にはその美しさを皆さんにお見せできるようお待ちしています。

 

Please wait…