玉乃光酒造の紹介


玉乃光社員

玉乃光は1673年にはじまりました。

340年もの間、細心の注意と献身をもって、最高級の日本酒を醸造し続け、前よりも良い酒を作るよう常日頃努めてきました。

使用する米の種類だけでなく、植え方にも細心の注意を払っています。玉乃光は、酒や砂糖を加えずに作った日本酒、純米の復活で業界をリードしました。

私たちの日本酒は、米、水、麹から作られています。そして、美味しくて時代を超越した日本酒を作りたいという純粋な願いがあります。


 

歴史と背景 

玉乃光のお酒

純米とは、米と米麹だけで作った清酒のことです。何年もの間、酒にアルコールを加えて量を増やすことが主流でした。第二次世界大戦中、それは米不足のために行われました。戦後、酒造りは利益を上げるためにやった。今日、市場に出回っている日本酒の80%がアルコールを加えています。

1964年、玉のひかりは業界で初めて純米を復活させました。純米は、酒を作る際に必要な米の最大1.8倍の量を消費するため、醸造所にはかなりの費用がかかりました。しかし、売り上げが急落することを恐れて、製品の価格を上げることはできませんでした。その上、当時、純米を真に評価していた人はほとんどいませんでした。玉乃光にとっては苦労の日々でした。

それでも、米だけで酒を作るというこの何世紀にもわたる伝統が、酒の真の味を実現する方法であると私たちは信じています。だから今日まで玉乃光は純米しか醸造していません。


 

玉乃光のお酒ができるまで

京都のお水

最高品質のお米

玉のひかりはご飯、水、麹だけで作られているので、ご飯へのこだわりは格別です。現在、日本で市場に出回っている日本酒のわずか5%が、酒造に適した米である酒米を使用して作られています。玉乃光は、希少な日本酒の米である備前おまちや、酒米の「よこずな」と称賛される山田錦、京都の高級いわい酒米を使用しています。
 

最高の水と地球の恵みで醸造

京都の伏見区は地下水に恵まれています。玉のひかりでは、酒飯の洗い、蒸し、モトイーストスターター、もろみマッシュの作り方まで、すべて桃山丘陵の水を利用しています。何世紀も前、伝説の戦士豊臣秀吉(1537-1598)は、茶道で使用するために同じ水を汲み上げました。

現在、この水源は、日本の環境省によって、国の100の最高の水域の1つとして認識されています。玉のひかりは、最高級のご飯と麹だけを選ぶことに固執しています。しかし、水に関しては、地球の恵みに感謝します。
 

麹は生きています生きています。だからこそ、人間の手によって愛情を込めて作られています。麹菌をまぶして麹米を作ることは、酒造りにおいて最も重要な工程のひとつです。玉乃光では、この工程はすべて手作業で行われています。蒸しご飯に麹菌をまぶす方法は、長年の経験と東寺主任醸造家の直感によって決まります。

麹米作り

玉乃光が純米純米酒の伝統を復活させてから半世紀が経ちました。今日、ますます多くの人々が純米と吟醸純酒の品質を高く評価しています。しかし、それでも日本中を見ることができ、純米吟醸と純米大吟醸の製造を専門とする醸造所はほんの一握りしかありません。日本で唯一の純米吟醸醸造所の1つとして、私たちはここ京都伏見で長年の伝統を守り、可能な限り最高の酒を作り続けます。
 

Please wait…