大坪酒造の紹介


大坪酒造

大坪酒造は、天浦13年(1843年)に創業した老舗醸造所で、昔ながらの手作り酒の味わいを大切にしてきました。私たちの醸造所は神岡を拠点としています。

飛騨市神岡町は、飛騨市北部の富山県との国境に位置し、山々に囲まれた都市です。また、夜郎時代(奈良時代)のもずみ銀山の開発以来、鉛や亜鉛を産出する鉱区として栄えてきました。

近年、「宇宙の謎を地上から探る」宇宙科学の最前線の都市として、鉱山の町が世界的に注目されています。小柴昌俊名誉教授は、東京大学宇宙線研究所での研究成果によりノーベル物理学賞を受賞しました。

神岡の自然

この自然環境と鉱山の繁栄により、飛騨市は独特の文化と景観を持っています。一見どこにでもある街のように見えますが、歩き回ると「不思議な郷愁の街」でもあります。

季節のお酒

(有)大坪酒造店は天保13年創業以来、伝統ある手づくりの酒の味を大切にしています。「甘口の飛騨娘」と「辛口の神代」が地元でも二本柱として愛飲されている、文字通りの地酒です。また、季節限定酒の「吟醸神代上澄」 「冬ごもり」さらには「大寒しぼり生酒」も沢山の日本酒ファンが心待ちにしています。なお、近年は奥飛騨で作られたこしひかり「黄金の煌き」を使用した純米酒「煌(きら)のしずく」が大変好評を博しており、売り切れゴメンの限定酒です。

酒蔵の中

大坪酒造店は「時流に押し流されない誠意ある商品つくり」を理念とし、真摯な姿勢と情熱をいつまでも守り続け、飛騨神岡とともに生きていきたいと願っています。
 

Please wait…