中島酒造の紹介


中島酒造酒蔵

中島醸造所は、日本の本州の中心部にある美しい山岳地帯の岐阜県にあります。

1702年、初代中島小左衛門は、毎年恒例の賛辞米を利用して酒造りを始めました。その後、1953年に中島小左衛門家の12代目長が株式会社を設立し、1997年に古酒造りを始め、特定名称比率を高める方向性を打ち出しました。

製造プロセス

2000年、中島は新しいブランド「コザエモン」を立ち上げました。純米と3年酒を中心に合計7種類を発売。

2年後、中島は瑞浪市で酒米を栽培・収穫して酒を作るよう農家に依頼しました。瑞浪米と呼ばれるこの地元産の米を使用して、中島は2種類の「小左衛門純米吟醸」の生産を開始しました。ほどなくして、彼らはより熟成した日本酒を作り始め、純米のカテゴリーでの直接競争に参加し始めました(80%の精米率など)。中島は2009年から、有名な「山田錦」米をはじめ、さまざまな種類の米を使った伝統的な「木本」醸造を開始しました。

中島が使用する米

2007年には中島の海外輸出が始まりました。 2013年までに、海外市場は拡大し、フランス、ドイツ、スウェーデン、台湾、韓国、米国、オーストラリア、シンガポール、タイなど24か国との取引が含まれるようになりました。

中島酒造の商品
 

Please wait…