菊水酒造の紹介


菊水酒造

「菊水」という名前は、日本の伝統芸能に由来しています。名前は「花」を意味する菊(きく)と「水」を意味する水(すい)という2つの言葉で構成されています。

日本には能という伝統芸能があります。 

「菊地堂」と呼ばれる能の劇の中には、菊の葉に溜まった露を飲み、700歳まで生きたという山の仙人う登場します。菊の水は不老不死と長寿をもたらすと言われ、そこから酒ブランド「菊水」が誕生しました。


 

歴史と背景

菊水の歴史

日本の日本酒醸造所の大部分は、地元の家主、お金と権利を持つ人々によって始められました。しかし、菊水家の創始者である高澤家は、分家にすぎず、そのような権利を持ったことは一度もありませんでした。それにもかかわらず、彼らは日本酒を製造し販売する許可を与えられました。比較的若い醸造所である1881年に設立された菊水は、現在の5代目社長の下で同じ家族によって経営されています。菊水は、戦後の厳しい時期に、醸造用米の確保、人手不足、売り上げの落ち込みなど、多くの試練に耐えてきました。

酒蔵の中

しかし、最大の課題は、1964年の新潟地震、1966年と1967年の昭和42年7月豪雨で、2年連続で醸造所が破壊され流されました。このような逆境に直面しても、菊水は常に人々が飲んで楽しめる最高品質の日本酒を作ることを追求してきました。飲酒の好みは時間とともに変化するため、菊水は新しいニーズを満たすために、常に高品質で手頃な価格で飲みやすい製品を開発しています。菊水は、謙虚な始まりから、ますます多くの人に楽しんでもらえる日本酒を作るという彼らのビジョンに忠実であり続けてきました。


 

菊水のお酒ができるまで

新潟の畑

菊水酒造は新潟県にあります。海と山に囲まれた新潟は、自然の美しさと美味しい料理が自慢の土地です。

しかし、その最大の名声は、日本酒の製造です。県内には他のどの県よりも多くの日本酒醸造所があり、それらの多くの醸造所は上質な日本酒を生産するために懸命に努力を続けています。
 

日本酒の材料はご飯と水です。そのため、新潟は理想的な生産地となっています。

日本最大の稲作面積を誇る新潟県は、稲作で最初に思い浮かぶ県でしょう。また、日本で最も有名な米ブランドである「コシヒカリ」の生産でも非常に有名です。
 

菊水酒造のある新潟県新発田市は、未開の風景が多く残されているのどかな風景のエリアです。この地域にそびえる2,000メートルの山々は、年間を通じて雪に覆われ、この地域の地下水脈に供給される融雪は、豊富な水資源を提供します。
 

気候

新潟は厳しい冬と大雪で知られています。雪が積もった翌日、ほとんどの家は地面が完全に雪に埋もれていて、居住者は2階の窓から家に出入りしなければなりませんでした。

雪が降ると空気がきれいに保たれ、冬の気候とともに新潟は低温で日本酒を発酵させるのに最適な環境になります。

冬の新潟

清酒は味が良いだけではありません。真に良い日本酒は、人々の生活に楽しい瞬間を、そして美しい文化を生み出し、平和と静けさを育むと信じています。日本酒の歴史、伝統、文化を大切にし、現代に伝えていきます。
 

Please wait…