日本の年末


12月の日本

12月は日本では「師走」とも呼ばれます。師は先生と弟子を意味し、走は忙しいことを意味します。昔、多くの家庭は今月中に僧侶(師)が経典を読むなどの仏教の儀式を行うことを歓迎していました。そのため、僧侶たちは一ヶ月間とても忙しかった。

餅つき

12月は家を掃除して年末年始を迎え、大晦日に向けて餅を作って大晦日を飾り、大晦日には年越しそばを食べます。そばは長寿命(麺の長さによる)と考えられており、そばの耐久性も来年の強さと弾力性を表しています。

年越しそば

12月はとにかく慌ただしい1ヶ月です!
 

Please wait…